• ホーム
  • 現代人の悩み!ドライアイの原因と改善方法

現代人の悩み!ドライアイの原因と改善方法

2020年01月16日

ドライアイの原因は様々であり、現代人にとって身近な電子機器もその一つです。パソコンやスマートフォンなどは、現代を生きる人の取って欠かせない電子機器であり、なければ生活ができないくらいの必需品でもあります。液晶画面を見つける時間は長く、瞬きの回数も少なくなりますし、目の乾燥も激しくなるばかりです。

コンタクトレンズの装着も原因となり、ドライアイで悩む人は少なくありません。涙液の蒸発が激しくなるのは、空気の乾燥も関係をすることです。夏場は湿度が高くなり、涼しい冷房の効いた櫃内で過ごす時間は長くなりますが、クーラーの乾燥も目を乾燥させるため原因となります。

仕事が忙しくて残業続きになったり、付き合いでの飲み会が多かったり、ネットサーフィンに夢中になるなど、寝不足もドライアイを招く要因です。夜更かしをする習慣は目を乾燥させますし、目のコンディションまで低下をさせてしまいます。

花粉症の人も要注意であり、時期になると涙が出たり目が充血をしたり、目がかゆくなる症状がひどくなるのも特徴です。こうした花粉症で出てくる症状は、実はドライアイでも見られます。トラックやバスにタクシーの運転手など、長い時間の運転をする仕事の人。ドライブが趣味で頻繁に運転をする人も目が乾きやすいです。

改善方法としてまずやるべきことは、酷使しがちな目を休めることであり、電子機器を使用している時にも、ずっと液晶画面を見続けないようにします。適度に目を休めることはとても大切であり、無意識のうちにまぶたの回数は減っているので、意識することで目の疲れも乾燥も軽減されるためです。

涙の安定性が悪い状態であり、涙の分泌が少ないことから、早期治療として点眼薬を使うようにします。市販の点眼薬はすぐに購入ができますが、眼科で目の状態を診察してもらい、本当に必要な点眼薬を使う方が効果的です。

その人の症状に最も適した点眼薬を処方してくれるのも、目の専門家である眼科であり、早期治療で良い状態へと導きます。放置をすることです。黒め部分の角膜の乾燥で表面が傷ついて、不快な疲れ目などの症状が悪化してしまいます。

栄養という内側からの対処をするのも良い方法であり、ブルーベリーも味方につけることです。目に良いと言われるブルーベリーには、豊富なアントシアニンが含まれています。

濃い青紫色の果実が鮮やかなブルーベリーには、アントシアニンが多く含まれますが、これはポリフェノールの一種です。紫いもや赤しそにナスなど、それにベリー類にも含まれますが、その中でも含有量が多くなります。

視覚に関係するたんぱく質の合成に関わる、ロドプシンに関わるため、白内障予防や視力低下の防止、視機能の改善にも役立つ成分です。ビタミンAも多く、目の網膜を丈夫にしたり、皮膚や喉に鼻などあらゆる粘膜を丈夫にします。抗酸化作用のビタミンCやビタミンEも含有するのがブルーベリーであり、活性酸素のダメージからも守る優れた栄養も豊富です。